Japan Society for Pharamaceutical Education

会則

作成日 平成28年2月23日

第1章 総則

(名称)

第1条
本会は、日本薬学教育学会(英文名Japan Society for Pharmaceutical Education、略称JSPhE)と称する。

(目的)

第2条
本会は、薬学教育に関する研究の充実発展並びにその成果の普及を目的とする。

(事業)

第3条
本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)学術集会の開催
(2)会誌等の刊行
(3)国内外の関連団体との交流及び協力
(4)その他本会の目的を達成するために必要な事業

(事務所)

第4条
本会は、主たる事務所を東京都文京区大塚5-3-13 学会支援機構内に置く。

第2章 会員

(会員の種別)

第5条
本会の会員は、次のとおりとする。(1)個人会員 本会の目的に賛同して入会した個人
(2)機関会員 本会の目的に賛同して入会した団体
(3)賛助会員 本会の目的に賛同し、事業を支援する個人又は団体
(4)学生会員 本会の目的に賛同して入会した学部生及び大学院生等
2 賛助会員はそれ以外の会員と兼ねることができる。

(会員の権利)

第6条
会員は、別に定める本会の事業に参加することができる。

(入会)

第7条
入会を希望する者は、所定の入会手続きを行わなければならない。

(会費)

第8条
会員は、別に定める会費を入会時及び毎年納入する。

(退会)

第9条
会員は、所定の退会手続きにより退会することができる。
2 2年以上会費の滞納等がある者は退会とみなし、会員の資格を失う。

第3章 総会

(構成)

第10条
総会は、個人会員及び機関会員をもって組織する。

(招集)

第11条
総会は、代表世話人が招集し、原則として年1回開催する。

(議決事項)

第12条
総会は、次の事項を議決する。
(1)事業計画及び収支予算
(2)事業報告及び決算
(3)会則の変更
(4)その他世話人会が必要と認めた事項

(議決の方法)

第13条
総会の議決事項は、個人会員及び機関会員の総数の過半数以上が出席し、その過半数をもって議決する。

第4章 世話人・監事

(世話人)

第14条
本会の円滑な運営のために、世話人10名程度を置く。

(世話人の選出)

第15条
世話人は、総会の手続きを経て、個人会員の中から選出する。

(代表世話人)

第16条
代表世話人は、世話人の互選により選出する。
2 代表世話人は、本会を代表し、本会を統括する。

 

(世話人の任期)

第17条
世話人の任期は、2年とし、再任を妨げない。

(監事)

第18条
本会に、監事2名を置く。
第19条
監事は、会計ならびに会務を監査する。

(監事の選出)

第20条
監事は、総会の手続きを経て、選出する。
2 世話人と監事を兼任することはできない。

 

(監事の任期)

第21条
監事の任期は、2年とし、再任を妨げない。

第5章 世話人会

(世話人会)

第22条
世話人は会員を代表して世話人会を構成し、次の職務を行う。
(1)本会の運営に関すること。
(2)会員の資格に関すること。
(3)その他

 

(招集)

第23条
世話人会は、代表世話人が招集する。

(議長)

第24条
世話人会の議長は、代表世話人がこれに当たる。

(議決の方法)

第25条
世話人会の議決事項は、世話人会の過半数が出席し、その過半数をもって議決する。

第6章 大会

(大 会)

第26条
本会は、学術集会として、毎年1回、大会を開催する。
2 大会は、大会長のもとに開催する。
3 大会長は、世話人会で選出し、総会の承認を得て、代表世話人が委嘱する。

 

第7章 委員会

(委員会)

第27条
本会の目的及び事業を達成するため、必要に応じて委員会を設置することができる。
2 委員会の設置及び人選は、世話人会の議決を経て行う。
3 委員会に関する規定は、別に定める。

第8章 会計

(事業年度)

第28条
事業年度は、毎年6月1日に始まり、5月31日に終わる。

第9章 補則

(委任)

第29条
この会則に定めるもののほか、本会の運営に関して必要な事項は、世話人会の議決を経て、代表世話人が別に定める。

附則 この会則は、平成28年8月27日から施行する。

以上